dカーシェアでボルボXC40に乗ってみた!使い方やメリット・デメリットを徹底紹介!

“dカーシェア”はその名前の通り、ドコモが運営しているカーシェアリングサービスです。

カーシェアと一言に行っても他のサービスとはちょっと違って、アカウント一つで色々なカーシェアやレンタカーサービスが利用できるドコモ独自のサービスです。

そのため、選べる車種はカーシェアの中で最も多く、ステーションも北は北海道から南は沖縄まで日本全国に展開しています。

ヒロユキ
今回はそんなdカーシェアで今人気のコンパクトSUV、ボルボXC40に乗ってきました!

会員登録から予約、実際に車に乗るまでの流れやメリット・デメリット、口コミなども交えながら詳しく紹介していきます。

また、このサイトでは独自にカーシェアのランク付けもしていて、dカーシェアは全8社中第3位です。

カーシェアが初めての人でもわかりやすいように各社の特徴をまとめながら比較しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

 

dカーシェアでボルボVC40に乗ってみた!

まずはスマホから会員登録

dカーシェアの公式サイトにアクセスしたら、トップページにある「無料入会はコチラ」をタップします。

 

dアカウントがあればログインしてそのまま入会手続きへ、

なければ一旦アカウントを作成します。

ヒロユキ
dアカウントはドコモユーザー以外でも作ることができますよ

ガイドに従って氏名や住所、免許証画像のアップロードなど必要事項を入力しましょう。

 

最後に本人確認のための認証コードがSMSで送られてくるので入力します。

 

これで会員登録の手続きは終わりです。

ヒロユキ
もしdカーシェアのアプリを持っていなければここでダウンロードしておくと予約するときに便利ですよ!

入力内容に問題がなければ比較的すぐに会員登録完了のメールが送られてきます。

ヒロユキ
僕は入力完了から30分ほどでメールが届きました

この時点から車の予約ができるようになりますよ!

 

乗りたい車を探して予約

ヒロユキ
会員登録ができたら早速車を予約してみましょう

無事にログインできたらトップページのところで「出発日時」と「返却日時」、「エリア」を指定して「クルマを探す」をタップします。

 

条件に該当するステーションがマップ上に表示されるので、使いたいカーシェアのマークを選びましょう。

 

クルマを選んだら改めて使う日時を確認して「次へ」

 

貸渡約款と重要事項への同意のチェックを入れて「次へ」進めば、

 

予約IDが発行されて予約は完了!

あとは予約した日時になったらステーションに向かいましょう。

 

dカーシェアでボルボXC40に乗ってみた!

ヒロユキ

これが今回乗るボルボXC40!

赤いボディーカラーと相まってコンパクトながら迫力のあるデザインが印象的!

フロントのデザインのおかげでボディが大きく感じますが、隣に停まっているレンジローバーイヴォーク(コンバーチブル)と比べるとサイズ感はほぼ同じくらい。

 

日本車だとトヨタのC-HRよりほんのわずか大きいくらいでほぼ同等のボディサイズなので、見た目よりもかなりコンパクト。

 

まずはロック解除のためにICカードの登録をしておきます。

※ICカードを登録しなくてもスマホ画面からでもロック解除の操作が可能です。

フロントウインドウにカードリーダーがあるのでPASMOなどの交通系ICカードを用意しておきます。

 

次にアプリの予約内容の画面を開いて一番下までスクロールして「ICカード登録」をタップします。

 

するとカードリーダーの赤と緑、両方のランプが光るので、

 

すかさず登録したいカードをかざします。

 

無事に登録ができるとドアのロックが解除できます。

もし、うまくいかないときはアプリ画面からロック解除することもできます。

 

ドアを開けてみると、車内は欧州車特有のこざっぱりとしたおしゃれなデザイン。

 

コンパクトSUVなので後部座席は少々狭め。

とはいっても大人が普通に座れるスペースはあるし、セダンなんかに比べれば車内空間は圧倒的に広いので、案外居住性は良さそうですね。

 

“コンパクト”とはいってもさすがはSUV。

トランクスペースは大きめのスーツケースが3つくらいは入りそうなだけの広さがあります。

 

ちなみにトランクの床を開けると掃除道具にジュニアシート、三角停止板がしまってあるので、必要に応じて使いましょう。

 

車のキーは助手席側のグローブボックスの中にしまってあります。

 

キーを“貸出”の方に回せば取り出せます。

 

あとはスタートボタンを押してエンジン始動!

 

欧州車とはいえ、運転してみた感覚はごく普通の車、という感じで日本車とほとんど変わりなし。

少しでも車を運転したことがあれば、問題なく運転できるはずですよ。

 

車を返却するときは借りたときと逆の手順です。

キーをホルダーに戻したら、

 

窓の閉め忘れ、

 

ライトの消し忘れや車内に忘れ物がないのを確認したら、

 

カードリーダーにICカードをかざしてドアをロックして返却完了です!

 

dカーシェアのメリット・デメリット

dカーシェアのメリット

補足dカーシェアのメリット

・1度の会員登録で複数のカーシェアやレンタカーサービスが使える

・月額無料で使える

ヒロユキ
dカーシェアに登録すればカレコやオリックスカーシェア、ニッポンレンタカーなどのサービスが一気に使えるようになります!

“dカーシェア”は名前にカーシェアと付いてはいるものの、実際にはドコモの車やステーションは1つもありません。

では、一体どんな仕組みになっているかといえば、カレコやオリックスカーシェア、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカーなど複数のカーシェアやレンタカーサービスを”dカーシェア”という一つのアプリにまとめ、ドコモのアカウントさえあればそれぞれのサービスが使えるようにしたものです。

通常ならそれぞれ個別に会員登録をして予約をしなければいけないところを、dカーシェアを使えば1つのアカウントだけでいくつものサービスが使えるように!

例えば、あるカーシェアは予約がいっぱいで使えなかったとしても他のカーシェアお使えるので利用できる時間帯や車種の幅が広がります。

 

ヒロユキ
月額無料で使えるので使わない月でもムダがなくて安心!

カーシェアにはタイムズカーシェアのように毎月1000円程度の月額料金がかかるところもあります。

月額料金は、同じ金額だけ利用料金から差し引かれるので毎月使っている分には問題ありません。

ですが、その無料利用分は翌月以降に繰り越すことができないので、使わ相つきがあるとせっかく払った分が全てムダになってしまいます。

その点、dカーシェアは初めから月額料金が無料なので、ムダな出費を気にすることなく利用できますよ!

 

dカーシェアのデメリット

補足dカーシェアのデメリット
・月額料金を払って特定のカーシェアを選んだ方が安く利用できる
ヒロユキ
使う車やステーションが決まっている、もしくは毎月定期的にクルマを使うなら個別にカーシェアに登録した方が安く利用できることも

dカーシェアは月額無料で利用できるのがメリットである反面、各カーシェア会社で月額有料プランを契約した時よりも利用料金が高くなってしまいます。

そもそもクルマを使う頻度が少なかったり、利用する車種やステーションがいつも変わるのであればdカーシェアはピッタリです。

ですが、毎週末の買い物に家の近くでクルマを借りる、なんて使い方をするときにはいっそ個別でカーシェアを契約した方が安く済むことが多いです。

dカーシェアにはありませんが、タイムズカーシェアはステーション数が圧倒的に多く、予約も取りやすいため定期的に利用する人にはオススメですよ!

 

まとめ:始めてのカーシェアにdカーシェアはオススメ!

いろんなカーシェアサービスがまとめて利用できるdカーシェア。

とりあえず月額無料でカーシェアを使ってみたい!という人にはかなりオススメのサービスです。

独自のカーシェアランキングでも8社中3位にランク付けしています。

他のカーシェアとのサービス内容の比較なんかも紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です