日産eシェアモビでリーフに乗ってみた!メリット・デメリット、口コミまで詳しく紹介!

自動車メーカー直系のカーシェアサービスとして2018年1月から営業を開始した日産eシェアモビ。

カーシェアとしては後発組で車種も3車種と、一見すると他のカーシェアサービスよりも見劣りするんじゃないかと思ってしまいがちですが・・・

利用料金が15分200円~と業界最安水準ながら、車も原則毎日クリーニングするというサービスの充実ぶりで新参者ながら存在感を放っています(笑)

ヒロユキ
今回はそんな日産のカーシェアサービス”日産eシェアモビ”で電気自動車リーフに乗ってきました!

会員登録から予約、実際に乗るまでの流れや使ってみて感じたメリット・デメリット、口コミなどの情報を交えながら詳しく紹介していきます!

 

また、このサイトでは独自にカーシェアのランク付けもしていて、日産eシェアモビは全8社中第5位です。

カーシェアが初めての人でもわかりやすいように各社の特徴をまとめながら比較しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

 

日産eシェアモビでリーフに乗ってみた!

まずは会員登録から

まずは日産eシェアモビの公式サイトにアクセスしてトップページのを選択します。

 

登録手続きに必要なメールを受け取るために必要なメールアドレスを入れて「次へ」

 

するとすぐに会員登録用のURLが記載されたメールが送られてくるのでアクセスします。

 

氏名や住所、連絡先など必要事項を入力して、内容を確認したら「この内容で登録する」をタップ。

 

問題がなければ受付番号が発行されます。

ちょっとわかりづらいんですが免許証画像アップロードのためのリンクがあるので「こちら」と書かれたところをタップします。

 

免許証の裏表両面の画像をアップロードします。

 

免許証のアップロードが終わると、今度はアンケートの回答があります。

先ほどと同じく「こちら」をタップします。

 

アンケートの回答が終われば登録手続きは全て終了です!

無事に手続きができると1日ほどで「会員登録完了のお知らせ」が送られてきます。

ここに書かれているログインIDを使ってログインすれば車の予約ができるようになりますよ!

 

ステーションを探して車を予約

ヒロユキ
続いて車の予約も取ってみましょう!

先ほど手に入れたログインIDを使ってマイページにログインします。

 

トップページの「新規に予約する」をタップします。

 

都道府県、市区町村、ステーションの順で検索する条件を絞っていき、利用する日時と車を選択します。

 

予約内容を確認して問題なければ「予約を確定する」をタップ。

これで予約ができました!

あとは予約した日時になったらステーションに向かいましょう!

 

日産リーフに乗ってみた!

ヒロユキ

これが今回予約した日産リーフ。

電気自動車に乗るのは生まれて初めてなのでちょっとワクワク笑

見ての通り、ステーションには充電用のケーブルが繋がった状態で停めてあります。

 

正面から見るとフィットのようなコンパクトカーくらいの感じに見えるんですが・・・

横から見ると結構デカイ!

 

ちなみに都内のステーションにあるリーフは、東京都と共同運営をしているため通常よりも少し安く借りることができます。

(~2021年3月末まで実施予定)

 

まぁあれこれ見るのはほどほどにしてロックを解除しましょう。

他のカーシェア同様、車のリアウインドウのところにカードリーダーがあるので自分の免許証をかざしてロックを解除します。

 

当然ですが、すんなりドア、オープン。

『出発前には忘れずに充電用のケーブルを外しておきましょう!』

 

給電プラグ側も抜いて、ケーブルは車の中に積んでおくのを忘れずに。

 

電気自動車とはいえ車内はいたって普通。

 

運転席周りも一般的なガソリン車とほぼ変わらないので、いつもと同じ感覚で運転できそうです。

 

車のキーはグローブボックスにあるので”貸出”の方に回してキーを取り出します。

 

ちなみに日産eシェアモビの車は全車にETCカードが用意されているのも特徴の一つ。

 

シフトレバーのデザインはちょっと変わっているけど、操作感はトヨタのプリウスによく似ています。

真ん中に”P”マークがあるのがシフトレバー。

 

車を動かす時には、これを右下に倒してドライブレンジに入れたらパーキングのスイッチを押してブレーキを解除します。

ルームミラーはモニター式になっていてカメラでうつした映像が液晶画面に表示されるようになっています。

ハイテク感満載なんですが・・・普通のミラーに慣れてるせいか違和感があっていまいち慣れないですね・・・。

 

あと、実際に公道を走っていると画面に陽の光の反射、というか写り込みがすごくてとにかく見辛い・・・

これはあまりよろしくないですね。

 

運転してみるととにかく加速力が強くてガソリン車は比にならないくらいです。

それに電気自動車なのでとにかく静か!

アクセルを踏むと「フィイイーン」とモーターの作動音がわずかに聞こえるくらいでほぼ無音状態。

 

正直、車好きとしては「電気自動車ってどうなん?」と思っていましたが、想像以上に車としてのスペックは高くて普段のちょっとしたドライブや買い物なんかには申し分がないですね。

 

気軽にリーフが借りられる日産eシェアモビ、なかなかオススメです。

 

日産eシェアモビの口コミ

ヒロユキ
日産eシェアモビの口コミをtwitterdで探してみたのでいくつか紹介します

 

ヒロユキ
電気自動車というとバッテリー切れが気になってしまいますが・・・航続距離が300kmもあれば近郊のドライブや買い物なんかは軽くこなせますね!

 

ヒロユキ
日産eシェアモビは距離料金がかからないので長距離ドライブでは最強!

 

ヒロユキ
短距離からパック利用までとにかく安く利用できるのが日産eシェアモビの強み!

 

日産eシェアモビのメリット・デメリット

日産eシェアモビのメリット

日産eシェアモビ

・リーズナブルな料金設定

・ETCカードが備え付けられている

・毎日清掃しているので車内がキレイ

ヒロユキ
日産eシェアモビはリーズナブルな料金設定で財布にも優しい!

日産eシェアモビでは今回紹介したリーフや同じコンパクトカーのノートなら15分200円から利用することができます。

さらにどんなに乗っても距離料金が一切かからないのでタイムズカーシェアよりも安く、カーシェアサービスの中では最安レベルの料金になっています!

 

ヒロユキ
日産eシェアモビの車は全車ETCカード搭載済み!

大抵カーシェアの車にはETCカードがないため、自分で発行しておくなどして事前に用意しておく必要があります。

ですが、日産eシェアモビでは全車にETCカードが備え付けられているため、そのまま高速道路に乗ることもできます(高速料金は車の利用料金と併せて請求されます)。

 

ヒロユキ
専門のスタッフが車を毎日清掃しているので車内がキレイ!

カーシェアは不特定多数の人が利用するので車内が汚れていることが少なくありません。

もちろん清掃用具も用意されていますが、コロコロなど最低限の物だけだし、掃除するかは利用者の任意なので、どうしても汚れてしまいがちです。

その点、日産eシェアモビでは、原則毎日専門のスタッフが車を清掃してくれているので、車内がキレイ!

実際、僕が乗ったリーフも車内にゴミはなく、ホコリや異臭なんかもありませんでした。

いつでもキレイな車が使えるのは大きなメリットの一つですね。

 

日産eシェアモビのデメリット

・まだステーションが少なめ

ヒロユキ
他のカーシェアサービスに比べてステーションが少ないのが難点!

日産eシェアモビはカーシェア業界の中では比較的新しいサービスなのでまだまだステーションが少ないのが最大のデメリットですね。

2019年10月時点でのステーション数は全国で約400件、最も数の多い東京都でも136件しかありません。

この数だけ見るとそれなりに多くのステーションがありそうな気がするかもしれないですが、業界最大手のタイムズカーシェアのステーション数が全国で1万2千件以上、東京都だけで5000件以上!

 

こうやって比べると日産eシェアモビはまだ少ないのがわかるかと思います。

料金が比較的安いながら全車清掃までのサービス内容的になかなか簡単にはステーション数を増やせないという事情もあるようなので、すぐにサービス拡大とはいかなそうです。

ですが、カーシェア自体はこれから需要が伸びていく分野なので、日産eシェアモビも次第にステーションが拡大していくはずです。

 

まとめ:サービス内容の充実度は業界トップクラス!さらなるステーション拡大に期待!

料金がリーズナブルながらサービス内容が充実している日産eシェアモビ。

唯一、ステーションが少ないのが難点ですが、それも今後次第に改称されていくはずです。

とはいえ、近くにステーションがなければ利用することもできないので、ひとまずは他のカーシェアを検討しておくのがオススメ!

特徴ごとにまとめたカーシェアサービスのランキングを用意しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です