トヨタシェアで福祉車両のヴォクシーを使ってみた!料金や使い方を徹底解説!

ヒロユキ
こんにちは、ヒロユキです!今日はトヨタのカーシェアリングサービス”トヨタシェア”の車に乗ってきました!

カーシェアというとタイムズカーシェアやカレコなどカーシェア専門のサービスが主流ですが、実は自動車メーカーがやっているカーシェアサービスというのもあります。

その一つが今回ピックアップする「トヨタシェア」です。

その名の通りトヨタが運営しているカーシェアサービスで、2019年に始まったばかりの新しいサービスです。

営業が始まってそれほど日数が経っていないということもあってステーション数はまだまだ少ないですが、試しにトヨタシェアで福祉車両のヴォクシーを使ってみたのでその時の様子を紹介していきます!

 

トヨタシェアで福祉車両のヴォクシーに乗ってみた!

トヨタシェアの入会手順

ヒロユキ
トヨタシェアを使うには、まず専用のアプリをダウンロードして会員登録を行いましょう!

大抵のカーシェアサービスは入会手続きをして会員カードを受け取らないと利用することができないんですが、トヨタシェアだと必要事項の入力を済ませればすぐに即日で利用をすることができます。

手続き自体もかなり簡単で5~10分もあれば終わりますよ!

▽トヨタシェアのアプリダウンロードはこちら

※トヨタシェアのアプリはiPhone(iOS)用しかないためアンドロイドのスマホでは利用できません。

 

ダウンロードできたらアプリを起動して氏名やメールアドレスなど会員情報の登録を進めていきましょう。

 

免許証の番号や写真も登録していきます。

 

料金の支払いに使うクレジットカードの情報も入力しましょう。

 

グループコードは持ってる場合だけ入力すればいいので、なければスキップでOK!

 

これで入力作業は一通り終了です。

するとすぐに登録したアドレス宛に「入会申し込み完了」という件名のメールが届きます。

本文にもある通り、まだ「申し込みが完了」しただけで利用することはできません。


 

入力内容に問題がなければその数分後に「本登録完了」というメールが届くはずです。

このメールが届けば全ての手続きが完了して、この時点から車の予約ができるようになりますよ!

 

早速車を予約してみる

ヒロユキ
会員登録を済ませてログインしたら、早速車を予約してみましょう!

地図画面が表示されたら下にある日時が書かれた部分をタップします。

 

ここで利用する日時を指定したら「車両検索」を押します。

 

すると地図上に、条件に合った車があるステーションだけが表示されるので、近くのステーションをタップしましょう。

 

選んだステーションに配備されている車が一覧で表示されるので、目的にあった車を選びます。

ちなみに右端に書かれているのは、最初に指定した利用時間でのトータル料金なので支払い金額の目安になりますよ!

 

車を選んだら「予約へ進む」をタップ。

 

次にNOC(ノンオペレーションチャージ)無料プランの有無を選びます。

ちなみにNOCは事故などトラブルが発生して車が一定期間使えなくなった時の営業補償としてトヨタシェアに支払うものです。

このプランに加入しておくと万が一の時でもNOCが免除されるようになります。

必ず入っておかなければいけないものではないですが、心配なら追加しておくのがオススメ!

 

最後に予約内容を確認して、問題がなければ「予約を確定する」をポチッ!

 

これで車の予約は完了!

あとは時間になったらステーションに向かいましょう!

 

キャンセルは予約の開始1分前まで可能

もし予定が変わって予約をキャンセルしたい、というときでもトヨタシェアでは予約開始時間の1分前までキャンセルすることができます。

もしもの時のためにキャンセルのやり方も確認しておきましょう。

アプリを起動したら右上にある人型のアイコンをタップします。

 

するとお客様情報の中の項目がいくつか表示されるので真ん中あたりにある「予約情報」を選びます。

 

今取ってある予約が一覧で表示されるので、キャンセルしたい予約情報をタップ。

 

予約詳細画面の下に「予約をキャンセルする」ボタンを押します。

予約一覧から予約情報が消えて、予約取消のメールが届けばキャンセルは完了です。

 

キャンセルは1分前までできますが、あまりギリギリだと操作が間に合わなくてキャンセルできなかったり他の人が車を使えず迷惑をかけてしまうことにもなります。

予定があやふやな時にむやみな予約は避け、どうしてもキャンセルする必要があるときはできるだけ早めに手続きしておきましょう!

 

アプリを使って利用開始!

ヒロユキ
いよいよトヨタシェアの車に乗車!

今回利用する車が止めてあるのは中野区役所前ST(ステーション)

念のため予約画面で車のナンバーを確認して車を探しましょう。

 

車が見つかったらアプリを起動します。

トヨタシェアの場合はアプリがロック解除のカード代わりになっていて、Bluetoothをオンにしてスマホと車を接続します。

 

接続できると画面に車のロック解除のボタンが表示されるはずです。

もし接続がうまくいかないときは一度Bluetoothをオフにしてみたり、スマホの電源を入れ直したりするといいですよ。

 

“アンロック”をタップするとガチャっと鍵が開く音がしてドアが開きます!

 

一見、車内はごく普通のトヨタのミニバンという感じですが・・・

 

後部座席を見るとちゃんと車いす用のリフトがついてます!

 

運転席の横には車内清掃用のコロコロとファブリーズ、初心者マークなどの備品があるので必要に応じて使いましょう。

 

運転席のバイザーには給油カードが入っています。

 

ガソリンが減ってきたらこのカードを使えば、自分で払うことなく給油することができますよ。

給油カードが使えるのはエネオス(エッソ、モービル、ゼネラル含む)です。

給油した時はレシートも一緒にケースの中に保管しておいてくださいね。

 

特に専用のキーなどはなく、ドアロックを解除したあとはブレーキペダルを踏みながら始動ボタンを押せばエンジンが掛かります。

 

運転したみた感覚もいたって普通(笑)

車いす用のリフトがついているだけでそれ以外はノーマルのヴォクシーと全く一緒なので当たり前といえば当たり前なんですが。

 

この日はそれほど長い時間運転したわけではないですが、この車なら視界も広くそれほど運転に慣れていない人でも運転しやすそうです。

 

車自体が比較的新しいということもあって車内も手入れが行き届いていてかなりキレイでした!

 

車いす用リフトの使い方

今回レンタルしたのはカーシェアでもかなり珍しい福祉車両。

後部のトランクスペースにリフトがついているので、車いすがそのまま乗ることができます。

操作方法はそれほど難しくはないですが、事前に把握しておかないと思いがけず時間がかかってしまうので確認しておくといいですよ。

 

さっそくテールゲートを開けてみます。

 

なにやら色々とスイッチ類がありますが・・・

 

まずは運転席の始動ボタン下にある「SLOPE」と書かれたボタンを押します。

ちなみにリフトを使う時はエンジンをかけたままにしておかないと動かないので要注意!

 

今度はリフトの横にある車高調整ボタンで車高を下げていきます。

ピーッピーッという音が鳴り止むまで押し続けましょう。

 

車高が下がり切ったらリフトの左右にある白いバーを引いてプレートのロックを外したら垂直に立ち上げます。

 

最後にバンパーのところについているハンドルを引けば・・・

 

無事にスロープが下ろせました!

 

車いすを乗せる時は車いす用の3点シートベルトを使ってしっかりと固定し、スロープは垂直に跳ね上げた状態にしておけばOK!

 

最後に車高を元の高さに上げておくのも忘れずに。

 

最初はやり方がわからず苦戦しましたが(笑)

手順さえわかれば数分でできるようになりますよ!

 

返却が間に合わない時は延長手続きを!

ヒロユキ
もし返却時間に間に合わなさそうだと思ったら早めに延長手続きをしておきましょう!

延長手続きはアプリから行います。

画面の右上にある「延長」をタップします。

 

あとは延長したい時間を指定して

 

あとは「予約を確定する」を押せば完了!

ただし次の予約が入っていると延長できる時間が限られてしまうので、予約する時点で時間に余裕を持っておきましょう!

 

返却から利用終了まで

車を使い終わったら元のステーションに戻します。

トヨタシェアは乗り捨てができるため、もともと停めてあったスペースに他の車が停めてあることがあります。

その時は他の空いている駐車スペースに停めるようにしましょう。

 

車を停めたら

・車内に忘れ物がないか(ETCカードやスマホは特に注意!)

・窓は閉まっているか

・ライトはつけっぱなしになっていないか

・新しく傷がついたりしてないか

などを確認します。

問題がなければドアを閉めてアプリ画面から「利用を終了する」をタップしましょう。

 

万が一何か問題があったらここで忘れずに報告しておきます。

何もなければ「次へ」を選びます。

 

最後に「ドアを施錠して返却する」を押せば返却手続きは完了です!

 

返却が済むと今回の利用金額などの情報が一覧で表示されるので確認しておきましょう。

 

トヨタシェアの3つの特徴

①乗り捨て(ワンウェイ)利用ができる

レンタカーでは借りた店舗と返す店舗を別々にする、いわゆる”乗り捨て”ができますが、それに対してカーシェアは借りたのと同じステーションに返すというのが原則です。

ヒロユキ
トヨタシェアはその”乗り捨て”ができる数少ないカーシェア サービスです!

まだステーション数が少ないので、それほど大きなメリットにはなりませんが、いずれステーションが増えれば空港に行く時や旅行でちょっとした片道移動をする時なんかにも使えて便利になりますよ!

 

 

②車いすでも乗れる福祉車両がある

最近では、カレコのように高級車や輸入車など珍しい車種に乗ることができるカーシェアサービスも増えてきています。

ですが、いくら車種の多いカーシェアでも車いすが載せられる車はほとんどありません。

(名前)
トヨタシェアなら車いすがそのまま載せられる福祉車両が用意されています!

車種の多さとはまた違った、車のラインナップの多さもトヨタシェアの大きな特徴の一つですね。

 

③業界最安水準の料金設定

カーシェアは最短15分程度から使えるため手頃な料金も大きな魅力です。

もちろんカーシェアサービスによって値段が違ってきますが、トヨタシェアはその中でも15分150円~とカーシェア業界でも最安レベルの料金設定!

ヒロユキ
家計に優しく、手軽に車を利用できるのもトヨタシェアならではの特徴ですね!

 

トヨタシェアのメリット・デメリット

トヨタシェアのメリット

トヨタシェアのメリット

・カーシェアでは珍しい福祉車両がある

・乗り捨てができる

・車がキレイ

・料金がかなり安い

ヒロユキ
トヨタシェアの一番の強みは、やはり福祉車両が用意されていること!

カーシェアの人気が高まっていることもあって、軽自動車やエコカーだけでなくレクサスやメルセデスベンツといった高級車に乗れるユニークなカーシェアも増えてきています。

ただ、車種が増えているといってもごく普通の乗用車ばかりで、福祉車両のような特殊な車を用意しているところはほぼありません。

ですが、トヨタシェアなら今回紹介したような車いすがそのままのれるリフトタイプやリフトアップシートタイプの車があるので、足の不自由な方やケガで一時的に車いすを必要としている方とも安心して出かけることができますよ。

 

さらにトヨタシェアにはカーシェアサービスとして珍しく「乗り捨て※」をすることができます。

(※:借りたのとは別のステーションに車を返却すること)

乗り捨てをするときは予約の時に、事前に返却するステーションを指定する必要があり、かつ乗り捨ての対象となっているステーションに限られます。

今の段階では乗り捨てができるステーション数がまだまだ少ないのでそれほどメリットはないかもしれないですが、これから数が増えていけばより便利になっていくはずです。

 

また、カーシェアは車の清掃などをユーザーに任せていることが多いなかで、トヨタシェアは専門のスタッフが定期的に洗車や車内のクリーニングをしてくれているため車自体がとてもキレイです。

今までいろんなカーシェアを使ってきましたが、ゴミが落ちていたり中にはタバコの臭いがしたりとお世辞にもキレイとはいえない状態の車もありました。

それに対してトヨタシェアの車は良く手入れされている印象で、ボディはもちろん、車内にはゴミが落ちていたり、異臭がするようなことはありませんでした。

やはりドライブするならキレイな車の方が気分がいいですからね。

 

ヒロユキ
それでいて料金はアクアやC-HRのようなコンパクトクラスなら15分150円~とカーシェアの中では最安レベルの価格設定なのも嬉しいポイント!

今回借りたヴォクシーの福祉車両は一番高いミドルクラス(ウェルキャブ)ですが、それでも15分278円~で、1時間なら1000円ほどで済みます。

もちろん他のカーシェア同様、ガソリン代は料金に含まれているので気にする必要はありません。

特殊な車両も他のカーシェアと同じような値段で借りることができるのはトヨタシェアの大きな強みですね。

トヨタシェアの料金一覧

 

トヨタシェアのデメリット

補足トヨタシェアのデメリット

・ステーションがかなり少ない

・ドアロックを解除するときに手間取ることがある

・iPhoneユーザーでないと利用できない

ヒロユキ
トヨタシェアはまだ始まったばかりで実証実験の段階のため、他のカーシェアと比べてステーションの数が圧倒的に少ない!

どれくらいなのかというと、最もステーション数の多い東京都でも中野区を中心におよそ20件ほどで、全国でもわずか30件ほどしとかなり少ないです。

せっかく福祉車両など珍しい車があって料金もお手頃でも、近くにステーションがなければ意味がありません。

これからサービスは拡大するようなので、ステーション数も次第に増えて使える範囲も広がるでしょうが、それまではまだまだ時間がかかりそうです。

トヨタシェアのステーションが近くにあればいいですが、無いという人は違うカーシェアを検討してみると良いですね。

他のカーシェアサービスを比較した記事もあるのでそちらも参考にしてみてください。

 

ヒロユキ
また細かいところでいうとドアロックがなかなかうまくいかなかったのも気になったポイント

今回、初めてトヨタシェアを使ってみたわけですが、最初のドアロックを解除するときに、スマホのBluetoothをオンにしているにも関わらず接続されずに5分ほど無駄にしてしまいました。

結果的にはスマホの電源を入れ直したらすぐに繋がったのでよかったんですが、万が一スマホの調子が悪くて繋がらないと車が使えなかったかもしれません。

その点、カレコなんかはスマホとICカードの両方が使えるので、そういった心配がありません。

全く繋がらない、ということは考えにくいですが、それでもいざという時のためにスマホ以外からもロック解除の操作ができる方がいざという時に安心できますね。

 

それに関連したところだとiPhoneユーザーしか使えないのもデメリットの一つ。

トヨタシェアのアプリ自体がアンドロイドに対応したものが用意されておらず、現状はiPhoneなどApple系のデバイスしかサポートされていません。

サービスが拡大していけばアンドロイドのスマホも対応するようになる可能性はありますが、今のところそういった公式発表はありません。

トヨタシェアはカーシェアとしての内容自体はかなり優れているので、一日も早くカービス内容を拡充してほしいですね。

 

まとめ:今後のサービス拡大に期待のトヨタシェア!

正直なところ、現時点では展開しているステーション数があまりにも少ないため、トヨタシェアの利便性は低く利用できる人も近くに住む一部の人に限られてしまいます。

ヒロユキ
ですが、車種や料金、サービス内容でみれば他のカーシェアサービスよりも優れているところも多く、個人的にはお気に入りのカーシェアの一つです!

トヨタとしてもこれからステーション数を増やしたり、サービス内容の充実化を進める方針なので、今後より多くの人が使えるようになっていくはずです。

とはいえ実際にステーションが増えるにはしばらく時間がかかるので、近くにトヨタシェアがないという人は他のカーシェアサービスを検討してみるといいですね。

今利用できるカーシェアサービスをランキング形式にして紹介しているページもあるので、カーシェア 選びに悩んでいる人はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です